忍者ブログ
ΦωΦ
[177]  [176]  [174]  [173]  [172]  [175]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっと3月11日その2をアップしましたー。
覚えてる限り、かなり細かく書いたつもりです。


先日「こ~ぷ暮らしの助け合いの会」で
有償ボランティアさせていただいたお二方のお宅へ
ご挨拶に行きました。

犬の夫人はご近所の方と夜明け前に一旦家に戻り、
その後避難所で調理係になって活躍してたそうです。
多い時は鶴巻小学校も1000人くらいいたらしいですが
近所の方が冷蔵庫の中に入っていたものを持ち寄って
(とっておいてもダメになっちゃうのだけなので)
工夫して作っていたとのこと。
温かいものを作って出したいと思っても
各部屋に運んでまたさらに分けているうちに
どうしても冷めてしまうのが残念だったとおっしゃっていました。
200人くらいに減った時くらいから吉野家が炊き出しにきてくれて
牛丼かカレーライスかを選べて、かなりの行列にはなったけど
渡す時にはアツアツなのが良かったとか。

もうひとかたは80代の夫婦の方で
ちょうどヘルパーさんがきてるときに地震に遭い、
鶴巻小学校へ一緒にいったけど満員で入れなくて
近くの幼稚園へ避難したんだそうです。
11日の夜、幼稚園の園庭の真中に通園バスがあって
ライトをつけて周りを照らしていたので
そのどこかにいたのかなぁと思いました。
七北田川から少しだけ水が溢れてきたけど
床上までにはならなかったとのことで本当によかったです。
道路が泥だらけになっていたのは液状化じゃなかったんですね・・・。
この方も翌日には自宅に戻られたそうです。



それから、職場から一緒に歩いて帰った2人のうちの新田の方は
福田町でわたしをおろしたあと多賀城の人を送っていったのですが
帰って来れなくなって、旦那さんにしこたま怒られたそうです><
そうだよね・・・。本当にごめんなさい、ありがとうございましたm(_ _)m
多賀城の人の方は結局3月いっぱいまで職場復帰されなかったので
その後どうされたかはわかりません。。。
帰り道の途中の話では家も家族も無事だと言っていたので
多賀城から通いきれないだけだと思いたいです。





【その後のその後 4/12】
と、書いたとことで震度6弱の余震がきて一旦避難して、
家に戻ってアップしようとしたら停電しました。
4月7日23時36分時点で下書きが一時保存されていたので
そのままアップしちゃいます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なごみ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
仙台在住。七五三生まれ
ねことこ~ぷと日々の生活
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/23 なごみ]
[07/16 ベルⅣ]
[04/22 なごみ]
[04/19 あかりんりん。]
[03/11 なごみ]
最新トラックバック
最近読んだ本
ぐりとぐらのうたうた12つき
お義母さんから誕生日プレゼントでもらいました♪
活憲の時代
伊藤千尋さんの講演集。こころが熱くなります!
ブログ内検索
カウンター
月齢
忍者ブログ [PR]