忍者ブログ
ΦωΦ
[183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [174]  [173]  [172
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポーツをやっていた人はよくわかると思うけど、
イメージトレーニングって本当に大切です。

今、震度6の地震がきたらどう行動するか。
すぐに家の外に出るのは危険な場合もあります。
海の近くにいたらどこに逃げるか。
この期に及んで「どこに避難したらいいかわからない」
なんてのは何の言い訳にもならんぜよ。

わたしも以前から「なんとなく」はイメージしてたけど
実際地震がきた時
阪神や新潟の友達にもっとちゃんと体験談を聞いておけばよかった
と思いましたもん。
避難所には結局一晩しかいなかったけど
運営方法とかもっと勉強しておけばよかった、とも。
自治会長さんや学校の先生だけでなく
みんながちゃんと知っておけば
それだけ機能的により快適に動けるでしょう。

と、書いてはみるものの
うちの実家とか、のほほんとしてますけどね。
備えてなかったから困った!ってのは自業自得だし
わたしだってすぐには助けに行けないからね、とは言ってあります。

備えをしててもいかんともしがたい場合もありますが
イメトレしておいて損はないと思いますというお話でした。


以下は【毎日.jp】より転載↓

東日本大震災:余震域外で地震活発 気象庁が備え呼びかけ
http://mainichi.jp/select/today/news/20110414k0000m040033000c.html

東日本大震災後、余震域外でも地震活動が活発化している地域が出ている。気象庁によると、主な所だけで12地域。マグニチュード(M)5~6クラスの地震が起こった秋田県や、1カ月間にM5~6クラスの地震が4度起こった長野・新潟県境なども含まれ、同庁は地震への備えを呼びかけている。

 気象庁地震予知情報課によると、活発化が見られる主な地域は、秋田県沖▽同県内陸北部▽同南部▽福島県会津地方▽栃木・群馬県境▽長野・新潟県境▽東京湾▽神奈川県西部▽新島・神津島▽静岡県東部▽岐阜県飛騨地方▽石川・福井県境。大きな地震が発生した地域もあれば、体に感じない地震も含めた小さな地震が増えた地域があるなど、活発化の仕方はさまざまだ。

 国土地理院の調査によると、東日本大震災に伴い、北海道から西日本の広い範囲で非常に大きな地殻変動が発生し、東日本では今も緩やかな地殻変動が続いている。地殻変動の方向は、震災前の地殻の動きとは反対の東向きという。

 気象庁地震予知情報課の舟崎淳・評価解析官は「大きな地殻変動が起こった地域と地震活動が活発化した地域はほぼ一致している。地震前と反対向きの力が働いたことが、ひずみを生み、地震活動を活発化させた可能性もある。ただ、活発化していない西日本を含めどこで大規模な地震が起こっても不思議ではないため、備えを万全にしてほしい」としている。【飯田和樹】
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なごみ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
仙台在住。七五三生まれ
ねことこ~ぷと日々の生活
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/23 なごみ]
[07/16 ベルⅣ]
[04/22 なごみ]
[04/19 あかりんりん。]
[03/11 なごみ]
最新トラックバック
最近読んだ本
ぐりとぐらのうたうた12つき
お義母さんから誕生日プレゼントでもらいました♪
活憲の時代
伊藤千尋さんの講演集。こころが熱くなります!
ブログ内検索
カウンター
月齢
忍者ブログ [PR]